迷っている人必見!「RETURNAL」クリアレビュー【激ムズ】

はてなくん

PS5独占タイトルの「RETURNAL」が
発売されたけど、どんなゲーム?難しい?

夫K

実際にクリアしたので、
感想・評価を紹介します!

 

この記事を読むと分かること
  • 『RETURNAL』がどんなゲームか
  • 難易度はどの程度か
  • プレイするのに向いている人、向いていない人

 

こんにちは!CK夫婦(@fu_fulog)です!

 

期待のPS5独占タイトル『RETURNAL』がついに発売され、期待の反面、噂されている「難易度の高さ」に購入を検討している人も多いと思います。

そこで、実際にクリアしたので、感想・評価を紹介します!

向いている人・向いていない人の特徴もまとめましたので、最後までお読みくださいね!

 

タップできる目次

クリアした感想

早速ですが、クリアした感想です。

『RETURNAL(リターナル)』超高難易度の次世代死にゲーです。

もうほんっっっと、難しいです。
ゲーム大好き夫Kですが、個人的には今までプレイしたゲームの中で1番難しいです。

しかし、それでも繰り返しプレイしたくなるんです。
クセになるんです。楽しいんです。やめられないんです。(色んな意味で)

段々と上手になることが嬉しいんです。

夫Kはこのゲームを「ゲーム界から全世界のゲーム大好き人間への挑戦状」と捉えました。

 

楽天ブックス
¥6,270 (2021/10/18 04:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

 

では詳しく、順番に説明していきます!

 

1、『RETURNAL』ってどんなゲーム?

  • 完全新作のPS5専用タイトル
  • 2021年4月30日発売
  • ジャンルは「ローグライクTPS」
  • (公式ではそう発表されてますが、初めて聞きました。)
  • 武器やマップ、敵の配置などが全てランダムで生成され、ダンジョンに入る度、毎回違う世界が広がる
  • ローグライク」「三人称視点シューター」「弾幕STG」の要素を組み合わせた、非常に新しく、キレッキレに尖った作品
  • 「惑星に墜落したおばさんが、拾った武器やアイテムを活かして頑張るものの、何度も何度も死んで、生き返ってを繰り返すゲーム」

 

2、スーパー高難易度

このゲームは、夫K的にはこれまでで1番難しいゲームです。

「ダークソウル系」や「SEKIRO」など、死にゲーと呼ばれるゲームをプレイしてきましたが、1番難しいです。

このゲームの難易度を上げている要素が、大きく分けて3つあると思うので、解説します。

 

①何度も死ぬ前提で作られてる

このゲーム、死んでやり直すことで、新しくストーリーが進むことがあります。
死んでやり直すと、1回目になかった新しい要素が加わったりします。

元々、何度も何度も死ぬことを前提としている、というわけです。

 

しかも、最初にゲームを始める際に、「このゲームは意図的に難易度を上げています」といった表記が出てきます。

「何度も死んで、うんざりすること」が確約されていて、それに対してあらかじめ「お断り」しているゲームなんて過去にありますか?(笑)

 

②死んだら文無し

死ぬとほとんど全てを失います。
残るの僅かな道具エーテル(デメリットを消したり復帰ポイントと交換できる)と絶望感のみ。

想像してみてください。

 

●まず、ステージを進みます。
敵が出てきます。
ボスに備えて、できるだけダメージ食らわないように、頭を使って戦います。
中ボスをなんとか倒します。
やっと新しい武器をゲットします。
僅かしか手に入らないお金(みたいなもの)を使って、回復アイテムを買います。
今度こそ、今度こそ、と思ってボスに挑みます。

あ、死んだ。
●からやり直し。

 

それまでの時間がほとんど全部、無かったことになります。

夫K

 そんなことってありますか、、、。

 

③セーブできない

このゲームにはセーブの概念がありません

ゲームあるあるの
「一旦この辺でセーブしといて、やばかったらロードしてやり直そ」ができません。

公式がレストモードを推奨してるんです。

 

実はこれに関しては、もう一つ辛さがありまして、プレイヤーも疲れるんです。

やっぱりゲームってセーブポイントが「やめどき」だったりすると思うんです。
そのタイミングがなく、しかもレストモードで中断することになるので、やめづらいんですよね。

しかも、ずっと集中してるんで、おばさんと一緒にプレイヤーも疲労してくるんです。
でもやめられない。
おばさんと一緒にループしています。

夫K

PS5の電源切れたらやり直しになるので、
この要素だけはなんとかして欲しいです。

 

④敵強すぎ

自分の持っている武器や装備にもよりますが、敵が強いです。
雑魚敵でも結構なダメージを食らいます。

中ボスレベルなら、装備が良かったらまだなんとかなります。
ですが、大ボスは別格で、フルスペックでようやく勝てる感じです。
これが実は大問題なんです。

途中で条件を満たすと、死んでやり直しても、ショートカットが使えるようになり、大ボスには割とすぐチャレンジできるようになります。
しかし、やり直してすぐに挑むと、自分が弱いんです。
ステータスが上がっておらず、装備を整える前のため、死ぬ前とは全然違います。

つまり、ショートカットできるようになっても、それを使うべきかは微妙、ということです。
これが落とし穴です。

 

⑤難易度設定がない

大抵のゲームって、最初に難易度を設定しますよね。
この設定があることで、色んなプレイヤーのレベルに合わせられます。

『RETURNAL』には、その概念がないんです。

「激ムズ」オンリーです。

難易度に影響しそうな設定は「エイムの補正」くらいです。
どうしても難しくて困っている人は、これを調整したら少しだけマシになると思います。

 

 [temp id=2]

 

3、求められる判断力

このゲームは取捨選択の判断を求められる場面が多々あります。

フィールドに落ちているアイテムは、主に3種類です。

アイテムの種類
  1. メリットだけのアイテム
  2. メリットと、デメリットが起こりうるアイテム
  3. メリットとデメリットが両方与えられるアイテム

全て、取るか取らないかは自分次第です。

「自分がデメリットを許容してでも、そのアイテムのメリットが欲しいのか」
常にこの選択が求められ、のちに命取りになりえます。

タダでもらえるものなんてありません。

アイテム以外でも、選択が求められる場面はたくさんあります。

アイテムの種類
  • 強い敵が出てくるかもしれないけど、武器を取るために進むか
  • なかなか手に入らないエネルギーを使って、アイテムを引き換えるか
  • レベル高いけど使いにくい武器を選ぶか、レベル低いけど使いやすい武器を選ぶか

 

夫K

たくさん悩んで、たくさん選択して、
何度か後悔して、そんな日々です。

 

4、このゲームに向いている人·向いていない人

『RETURNAL』に向いている人・向いていない人の特徴を紹介します。

根拠も一緒に書いているので、参考にしてください。

向いている人の特徴
  1. よくあるゲームシステムに飽きている(ローグライフ・シューティング・アクションという新ジャンル)
  2. シューティング・アクション系が好き(動きはとても滑らかで、操作に爽快感がある)
  3. ぬるいゲームではなく、強い刺激が欲しい(死んだらすべてを失う)
  4. 今まで体験したことのないゲーム体験がしてみたい(数えきれない絶望感とクリアした時の最高の達成感)
  5. 死にゲー好き(死にまくり前提の難易度)
こんな人は向いていないかも?
  1. ゲームオーバーが嫌い(絶対に何度も死ぬ、死ぬ前提のゲーム)
  2. 難易度の高いゲームが好きじゃない(難易度設定できない)
  3. 完璧主義(つねに犠牲を伴う選択)
  4. 度に長時間ゲームできない人(中断できるが、セーブ機能なし)
  5. 集合体が苦手な人(敵の攻撃が集合体な場合があります)

 

まとめ

なんやかんや言いましたが、最後にこれだけは言わせてください。

人によるとは思いますが、私は『RETURNAL』大好きです。

クセが強すぎて個性が尖りすぎて痛いですが、おばさんと共に疲弊し、うんざりする、まさしく「死のループ」を体験できるゲームです。

それに、体感レベルですが、何度も死んでいるとアイテムが増えたりと、隠れた救済措置があるみたいです。
プレイヤーに気付かせない救済措置って、プライドを傷つけず、達成感を与えるので、気が利く機能ですよね。

 

最初に言いましたが、このゲームは「ゲーマーへの挑戦状」のように感じました。

楽天ブックス
¥6,270 (2021/10/18 04:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる